おいしいもの、楽しいこと大好きですが、時には悲しいことも。そんな毎日もかけがえのない一瞬。関西で看護師として働く私にとってのPrecious Daysをつづっています!!!


by kaorin-net
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ひと段落

長い間、このblogもほっぽらかしにしてました。
最後の怒涛の実習嵐だったもので・・・。


そ・そ・そして・・・
おわったーーーー!!!!!

実習が。



まだまだこれからケーススタディーとやらをまとめないとダメなんですが・・・
ひと段落です。

またボチボチ更新していこっと!


ポチっと1クリックお願いします☆☆☆

[PR]
by kaorin-net | 2006-12-15 23:50 | School
3週間の母性看護学実習が終了しました。

今回の実習は、ほんと何が一番って分娩に立ち会えたことですね。

ほんと母は偉大!生命ってすごい!!!

陣痛のとき「フーフー」と声をかけながら一緒に呼吸したり、
いきみそうになるお母さんのお尻の穴を押さえたり、
産まれそうなときは「ハッハッハッハッ」って一緒に呼吸して、
ギューって手を握って、一緒にふんばったり、

ほんと必死で陣痛に耐えている気分でした。

でも赤ちゃんが誕生した瞬間
「おめでとうございまーす!!!!」って誰よりも早く声かけてた。

あのお母さんの表情忘れられないなーー

そして、
「この瞬間があるから、出産ってやめられないのよね」
ってお母さんの言葉も。

☆☆☆母って偉大☆☆☆

産まれてすぐなのに、赤ちゃんもお母さんのおっぱいを必死に探しているの。
あんなに小さいのに爪とか、指とかしっかりあって、
あんなに小さいのに、くしゃみして、しゃっくりして、なんて当たり前のことがすごく愛おしくみえます。
誰に教えられたている訳でもないのに、外の生活に慣れようと必死でがんばっている。

☆☆☆生命って尊い☆☆☆

「お母さんありがとう!!!」って改めていうの恥ずかしいから、ここでいっちゃおう!!!

ポチっと1クリックお願いします☆☆☆

[PR]
by kaorin-net | 2006-10-29 22:31 | School

分厚くなった???

3週間の終末期実習が終わりました。

今回の実習は、ほんとにずっしり考えさせられるものとなりましたね。

何か実際に、ケアを行う、成果がでる!っていったことはなかったんですけど、
人間的にいろいろ考えさせられました。

今回実習に行かせてもらった病院は、癌の専門病院ということで、
告知をされていることも多く、患者さんたちは病気のために命は限られているということなどを理解されていることが多いのです。
でも、日々刻々と身体状況が悪くなり、できないことが増えていき、自分の状態をまざまざと突きつけられる。そんな中で患者さんたちは戦っているんだなー。と

身体状態の悪化と死へ向かっていくことへの不安や恐怖はいろんな形となって表現されます。
治療にある意味すがり、治療があることが希望となり、役割を果たすことにもなり、存在意義にもなっている。
また医療スタッフや、世の中への怒りとなっていたり。

そんな患者さんの精神状態、ペースを理解し、その中で、一緒に戦うこと、また戦わなくてもいいんだよとその人を認め、支えること、いろんなかかわりがあるんだなと。

そんな患者さんと向き合うことって
自分のありのままの姿で、全力投球で今目の前にいる患者さんにぶつかっていかないとだめ。
それは患者さんに身を投じ、喜んだり、悲しんだり、苦しんだり、感情をゆさぶられます。
だから、とってもエネルギーのいることなんですよね。

自分の全身全霊が看護の道具なんですよ、ってことを実感しました。

少しは、人間として、看護を志すものとして分厚くなったかな-??


ポチっと1クリックお願いします☆☆☆
↓↓↓↓↓

[PR]
by kaorin-net | 2006-10-06 20:38 | School
とりあえず、ひと段落。
精神の病院実習が終了です。お疲れ様2週間!!!

そして今日は、語ります。
そーとー長いので、元気な人は、心して読んでください。



おっとその前に、ランキングにポチっとお願いします

それでは、これより語りです。
[PR]
by kaorin-net | 2006-09-08 23:07 | School

老年看護学実習 Finish

老年看護学実習とは、
4つの実習から成り立っています。

①商店街なんかで普通の地域で暮らしている老人の方々に体当たりで触れ合い、アンケートなどを通して、学びを深める。
②病院での3週間、1人の患者さんを受け持って老年看護を学ぶという実習。
③老人保健施設で認知症の方を1人受け持ち、レクを行い1週間看護を学ぶ実習。

そして今回は老年実習の締めくくり
特別養護老人ホームに3日間行き、特養で生活されている方の生活の特徴、看護の役割、地域における特養の役割なんてところを学びに行ってきました。


帰りには、もちろん打ち上げ。
d0066255_15164076.jpgメニューは
フルーツパフェ
パフェってすごい久しぶりに食べた。
やっぱり疲れた時の甘いものはサイコー

実習メンバーは、フルーツパフェ、チョコパフェ、ホットケーキ、ピザセットを頼み、みんながっついている中。
おっとりしている実習担当の先生は、トマトジュース
なんか妙に先生にマッチしていて一人で納得していました。



そして帰ってからは、もう一回打ち上げ。
d0066255_152018100.jpg
メニューは
はまちと豆腐の煮物
もやしと春雨の炒め物
ひじきの中華風サラダ
そして
アサヒ スーパードライ



そんな幸せの時間を過ごしながら、
今回の実習の振り返りを・・・。


振り返りをみるその前にランキングにポチっとお願いします。

ふりかえり↓↓↓↓
[PR]
by kaorin-net | 2006-07-21 23:49 | School

救急看護実習

本日、救急看護の実習に行ってきました。
救急外来、ICUなどの1日実習です。

しかし、本日救急車は来なかった。。。
ICUも比較的落ち着いていて。。。

なので、ICUに居る方々の入浴介助、散歩なんかを一緒にさせてもらいました。
救急外来も、ICUも生命の危機的状態にある方が多い。
しかし、患者さんは、自分で訴えることができないのです。
そんなとき看護力の発揮しどころ?なんて思っちゃいました。

しかし「心肺停止の患者さんが運ばれてくる」と連絡が入りました。
医師2,3名、看護師3名で準備です。
点滴、薬、電気ショックなど着々と準備がされていきます。
見事な役割分担とチームプレー。

結局救急車が来ることはなかったのですが。
せっかくの実習、実際をみてみたかったですね。残念。

ランキングにポチっとお願いします。
[PR]
by kaorin-net | 2006-07-11 22:05 | School

在宅看護論実習終了

週間の在宅看護論実習が終了しました。

在宅実習としては、あと1日10月に控えていますが、ひと段落。
今回は、訪問看護2週間+ディサービスセンター2日間行ってきました。

訪問看護ステーションでは、看護師さんについて家庭を訪問させていただき、
バイタル測定、入浴介助、散歩など援助の見学と、共同実施をさせていただきました。
病院での看護と異なり、訪問の際には、1対1の密なかかわりがあります。
人間関係の形成、信頼関係がとっても大切なことをヒシヒシと感じましたね。

環境もその人専用。(当たり前ですね、その人の家なのだから)
周囲の人からみたら、不便な環境でも、その人にとったら慣れ親しんだ安心する環境。
そこでの訪問看護師さんたちのかかわり方を見ていて、
これがその人らしい生活に沿った看護なんだなってほんとに感じました。


そしてディサービス。
たった2日間の実習だったのですが、中身の濃いいものでした。
なんといっても衝撃的だったのが、

実習1日目
所長 「明日学生さんたちで、レクやってね!!!」
学生 「・・・・・・・・聞いてないよ~~~Σ( ̄ロ ̄lll) 」
    (ダチョウクラブではありません)


えっ???たった1日の準備で心積もりもなく、何ができるの???
楽しんでもらいたい、でも危険があったらだめだ。
そしてお年寄りの方々、認知症の方々にも分かりやすいもの。

考えに考えた挙句、
私たちは、見た目にぱっと分かり、聞いて楽しめるもの。

仮装+盆踊り

d0066255_2329174.jpg



不十分な計画、未熟な配慮ではあったものの、
一緒に楽しんでもらえて、私たちの気持ちは伝わったかなっと。
[PR]
by kaorin-net | 2006-07-08 23:03 | School

小児実習終了

小児実習が終了しました。

ということで・・・・

当然、打ち上げて来ました。

でっかい花火☆☆☆
じゃなくて、お疲れさんのビールです。


実習終わって、みんなで打ち上げをやる瞬間、
このメンバーでがんばれたこの実習は、よかったな♪って一番思います。

でも、その前に、ランキングにポチっとお願いします。

続きはこちら↓↓↓↓
[PR]
by kaorin-net | 2006-06-16 23:20 | School